ネクタイでおしゃれの差別化を - ネクタイのコーディネートと種類

ネクタイでおしゃれの差別化を

subpage01

地球温暖化とか省エネルギーという問題が発生してから、ネクタイを着用する人が急激に減っています。

信頼性の高いネクタイがさらに話題になりそうです。

確かに胸元をギューッと絞めていると洋服の中への風通しが悪くなり、体温が上がることなるので、胸元は開いている方が心地よいということには間違いありません。
しかしながら、ネクタイを外し、シャツのボタンを外した格好は、人によりけりで見た目が違い、若者の場合は粋ということやエネルギッシュというイメージもありますが、年配者の場合は首筋のしわなどが目立ち、貧相ということにつながりかねません。おしゃれという観点で服装を考えれば、多少の窮屈さとか、動きにくさ、快適さとは相反する面があるのは仕方ないという点があります。



夏にスーツをきちんと着こなすのはおしゃれですが、身体中に汗をかくことになりますし、昔お嬢さんがコルセットで身体を締め付けていたのもおしゃれのためですが、窮屈な思いからは離れることはできませんでした。



さてそこでネクタイを着用して、おしゃれの差別化をすることのおすすめです。

おしゃれの競争優位性と言ってもよいものです。
人が着用していないときこそチャンスであり、引き立つものとなるからです。
前述した真夏のスーツ着用と同じ効果もあります。
そしてできることであれば、柄や色はファッショナブルで流行を取り入れたものにし、太さなどにも気を配り、汗によるシミなどにも注意したものを着こなせば、男前が一段も二段もアップするというものです。